日本の夫婦はセックスレスが多い

セックスレスとは長期間セックスがない夫婦やカップルなどのことを指すそうです。日本では出産適齢期と言うこともあり30代になると多くの人が結婚をしています。しかしながら、日本の夫婦は32%がセックスレスで、1年以上もセックスレスの夫婦が20%もいることがわかりました。

男女別のセックスレスの原因

結婚、出産適齢期でもある30代がなぜここまでセックスレスになっているのでしょうか。理由はいくつかありますが、男性がセックスレスになる原因の一つには雇用形態があげられています。総務省などの調査によると30歳から34歳の既婚男性の4分の1が非正規雇用についているというデータがあります。そのために、例えば結婚をしていたとしても出産をする経済状態ではないということが起こったり、そもそも結婚にはお金がかかるので、独身で良いと考える人が増えているそうです。

女性に関しても同様の事がいえ、社会的に地位や評価も上がっています。それだけに結婚や出産をすることのメリットが見えなくなっているのです。独立して生きていける分男性は必要なく、もしもセックスをしたいのであれば、自分で性欲を処理すれば良いと考えている人もいるのです。

また男女共に言えるかも知れませんが、仕事のストレスや人間関係の疲れなどにより疲弊しきってしまい、セックスに対しての興味が薄れてしまっているのかもしれません。男性であれば勃起不全、女性であれば膣けいれんなどの、身体的な障害がでてくるのも30代が多いと言われています。こうした身体的な原因もセックスレスになる要因と言えるでしょう。