日本人がセックスに対して積極ではないのは、様々な結果からわかっていることですが、実はそのセックスレスによって悩んでいるカップルもいますし、子どもが欲しいと思いつつもセックスレスにより困っている夫婦もいます。では、セックスレスとはそもそもなんなのでしょうか。

セックスレスになる原因とは?

例えば女性であれば生理や体調不良、妊娠などが原因でセックスレスになってしまうことがあります。生理や体調不良などの場合は、男性とセックスをすることは基本的にすべきではありません。ゆっくりと休むことが必要ですが、男性から要求されたら嫌われたくないという思いからしたくないけど、してしまうときがあります。また、妊娠をする恐れがあるときに、コンドームなどをせずに男性がセックスをしたいと望み、その要望を聞き入れ続けてしまうとストレスでセックスに対する恐怖心も出てしまうのです。

一方で男性の場合には疲れや精力がなかったり、また勃起不全などの場合があります。仕事が終わって帰ってきて、または飲み会のあとなどに帰ってきてセックスをしようとしても体力がでずにできないことがあります。それをパートナーに咎められたら、余計にやる気がなくなってしまいます。また、自分の勃起に自信がなくなるくらいの勃起不全であると思っている場合には、やはりセックスから逃げようとしてしまいます。

その他にも男女共に産後や付き合いが長くなってしまうとお互いを異性として見ることができずに、セックスの対象としては見られなくなってしまうのです。そうしたこともセックスレスの原因と成り得るのです。セックスレスになる原因が一つだけとは限りませんし、いくつもの理由が複雑に絡み合っている時もあります。しかし、その一つ一つを探っていくことがセックスレスの解消につながるかも知れません。

セックスレスの解消法

セックスレスは単純にセックスをしないカップルというわけではありません。セックスレスが原因で別れてしまったり、離婚になる場合もあるのでしっかりと解消をしていくための解消法も必要となるのです。

解消法の一つ目は、体調管理です。平日の仕事後に疲れているのにセックスをしても中々上手くいかずに、結局セックスは面倒なモノであると思ってしまうので、バイアグラなどでコンディションを整えながら十分に満足のいくセックスをすることも一つの解消法となります。

また、結婚や付き合いが長くセックスレスになってしまっている場合には、最初の恋人気分になってデートをしてみるのも一つの解消法であると思います。いつもと違う気分で、初心に戻ってラブラブな雰囲気を出していれば、自然とセックスに頭が体かも知れません。

セックスレス予防について

セックスレスになってしまった場合にはその時に対処をすれば良いのですが、やはりセックスレス状態にならないように日頃から意識をすることが必要となります。

予防法の一つには、セックスのマンネリ化を防ぐということがあります。カップルは3年たつとセックスに飽きてしまうという結果があるので、常に何か楽しめるような方法を考えることも一つの方法です。

また、自分の時間を大切にすることも実は大事なことです。自分だけで何かをすることによって相手の大切さに気がつき、またセックスをする気持ちがわいてくるでしょう。

セックスレスになるには様々な理由があります。しかしながら、その解消方法があることもまた事実です。その解消方法もそうですが、予防方法にしても、いかに相手のことを考えるかと、自分磨きをしていくことできるかがセックスレスに対しては有効なのかも知れません。